田村産業株式会社::自動ドアについて

ナブコ自動ドア・オイレス排煙オペレーター・高速スパイラルシャッタードア・機械式立体駐車場設備・太陽光発電システムetc

創業55年の実績と信頼


 

自動ドアについて



自動ドアの歴史


自動ドアとは



自動ドアの構成



自動ドアのメリットと用途


センサーの種類




 

■自動ドア安全ガイドブックを見る

自動ドアの歴史

資料によると、古くギリシャ時代にヘロンが神殿の扉を蒸気の力により開閉した事が記録されているが、日本では、昭和初期に自動ドアが各方面に出現している。
航空母艦加賀、赤城など艦船では、格納庫の防火、防弾用として、又、当時の省線山手線の電車には、高速、安全運転の為に空圧式の自動ドアが使用される様になった。建物には当時の日劇前の東芝営業所玄関に、光線スイッチ起動による自動ドアが設置され、銀座マンの話題を呼んだが大衆にとっては、高嶺の花であった。国内で建物に自動ドアが使用される様になるのは昭和30年以降である。20年代後半にアメリカのスーパーマーケットなどに自動ドアが使用される様になり、これを受けて、昭和32年に油圧式、空圧式自動ドアが開発され、新築ビルの玄関に使用される様になった。39年の東京オリンピックを契機とした街づくりと共に、自動ドアの設置台数は年毎に伸長していった。当初、建物に供給される商用電源でのモータの速度制御が難しく、油圧・空気圧に変換して速度制御を行っていたが、エネルギー効率が低いので電気制御技術の進歩と共に、モータを直接制御する電気式が大半を占めるようになった。(現在、空圧式、油圧式の多くは、ごみ処理場等の特殊建物に設置されている。)
物を持って手が使えない場所に使うというような用途で開発された自動ドアも、銀行店舗の高級化・サービスのため、競って使用されるようになり、日本の治安の良いこともあって、40年代後半になると、広く一般店舗にも使用され一段と市場が広がり、世界一の普及率になった。
今後、技術革新が進み、生活レベルが向上するにつれて、快適な生活環境、効率的な生産環境、最適な研究環境を維持する為に、益々自動ドアの需要が増大するものと思われる。

出典:全国自動ドア協会編集「自動ドアの知識」第9版より

メニューへ 

自動ドアとは
建築物の開口部に設置される自動ドアは、人や車の接近を検出して、ドアを開き、通過を確認してドアを閉じる動作を行って、常に建物内の防音、気密、省エネ、衛生の効果を発揮しながら、通行効率を高めている。

自動ドアには開閉方式、駆動方式、検出方式、用途、取付方法などの区分がある。

 


引き戸
開き戸
折り戸
回転ドア など


電気式
空圧式
油圧式
マットスイッチ
反射スイッチ
音波スイッチ
熱線スイッチ など


ビルフロント用
ストアフロント用
産業
医療用
門扉用など


無目内蔵取付
無目表面取付
床埋設取付 など


   
出典:全国自動ドア協会編集「自動ドアの知識」第9版より

メニューへ 

自動ドアの構成

自動ドアは、オペレータ部・センサー部及びドア・サッシ部で構成される。


?オペレータ部 駆動装置、制御装置からなる自動ドア開閉機構。

・駆動装置 動力部、作動部、ドア懸架部よりなり、制御装置からの指令でドアを開閉する】
・制御装置 検出装置から開閉信号を受けて駆動装置を制御する】

?センサー部 自動検出及び人為操作を含む検出装置からなる。

?ドア・サッシ部 開口部回りのドア、無目、方立、枠、ガイドレールからなる。

 

自動ドア構成図

出典:全国自動ドア協会編集「自動ドアの知識」第9版より

 

メニューへ 
自動ドアのメリットと用途

自動ドアを設置することで、温度管理、湿度管理、塵埃の遮断、防音・気密などのさまざまな効果が得られる為、工場・病院その他いろいろな場所で採用されています。

省エネルギー効果

ドアが開き放しにならないことで、冷暖房の効きが良くなって屋内の快適性が向上ます。

冷暖房の電気代も節約でき、CO2の削減にも効果が期待できます。

 

バリアフリー効果

高齢者や身体障害者の方々も、押したり引いたりすることなく、簡単に通ることができます。

車椅子やベビーカーの通行もドアを手で押さえる必要がなく、スムーズな通行が可能になります。

 

通行者の利便性

ドアの前で立ち止まらず(タッチスイッチを除く)両手が塞がっていても楽に早く通り抜けられます。


重い荷物を抱えている場合、赤ちゃんなどを抱っこしている時でもスムーズに通行できます。

 

☆このように様々なシーンで自動ドアは活躍しています。

 

■*■*■*■*■*■*■*■*■
詳しくはこちらをご覧ください>>>
ナブコ自動ドア

メニューへ 
センサーの種類

一定の範囲に向けてセンサーから目に見えない光(近赤外線)を放射し、その光が人などの体に当たって反射する度合いの変化を検出します。
現在は国内の自動ドア起動センサーの大半を占めています。
一定の範囲の中で人などの物体が放射する遠赤外線(物体の温度が高いほど遠赤外線の放射量が多い)の変化を検出します。
一定の範囲に向けてセンサーから電波(超短波)を放射し、その電波が人などの物体に当たって反射する度合いの変化を検出します。

投光器と受光器が対になったセンサーで、投光器から受光器に向け目に見えない細い光を放射して、その光が遮られたことを検出します。自動ドアではドアの左右にボタン型の小さい投光器と受光器が設置され、ドアが開いているときに、光を遮る人などがいないかを検出する補助センサーとして利用されています。

 

メニューへ 

故障かな?と思ったら

点検・修理は当社までご連絡ください